Performance

音響一筋40年!様々な音響を修理してきた実績があります!

当社は、40年以上オーディオの修理業務に携わってきました。現在では「オーディオ」と「生活家電」の修理を承っております。時代の流れに沿って音響設備や生活家電も形や仕組みが変わっており、それに合わせて私たちも修理の技術を磨いています。
様々なノウハウを活かし、お客様のお困りごとを技術を持った職人が丁寧に修理対応を行います。「年式」「型式」が古いため修理を断られたなど、古い製品の修理でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

  • 「年式」「型式」が
    古い機種なので、修理を
    お願いしても断られた
  • 取扱のない
    メーカーだと断られた
  • 部品が製造中止になり
    修理が不可能と
    言われてしまった

そんな方も当社にご相談ください!
お客様のお困りを修理専門の当社が
解決させていただきます!

入手困難な部品も手に入ります

メーカーに修理を依頼しても、部品が製造中止になっており修理を断られたことはありませんか?
その製品はまだまだ修理が出来る可能性があります。
40年以上ものオーディオの修理業務に携わってきたため、長年の付き合いのある業者が何社もあり、独自のルートで部品を探し出して直すことができます。

「出張修理」・「見積り」に伺います

お客様のご自宅、または、ご指定の場所に当社のスタッフがお伺いし修理・見積りを行うサービスです。「すぐに見てもらいたい!」「動かすのが大変!」などお悩みの方はご相談ください。

出張費 3,000円(税別)点検料1,800円(税別)

地域密着なので、動きが早い

緊急事態でも、
すぐに駆け付けます!

地域密着の当社は、オーディオや家電修理を、どこよりも親身に行うことで長期的な信頼を築き、地域のお客様に気軽に相談できる「街の修理屋さん」としてサービス提供しています。
お困りの際は、直ぐにご連絡ください!!お待ちしております。

信濃テクニカルサービス
営業エリア

松本市、安曇野市、塩尻市、諏訪市、茅野市、岡谷市、伊那市、上田市、佐久市、千曲市、長野市
※エリア外のお客様でも一度ご相談下さい。

プチ情報 時代の流れで変わっていく電子部品

真空管アンプ

(1945年頃から1960年にかけて)

この時代の能動素子は真空管でした。真空管は発熱が激しく、ガラス管は非常に高熱になる特徴がありました。

トランジスタ

(1955年頃から1980年にかけて)

ラジオやテープレコーダ、ラジカセ、VTRなどに使用されていました。最大の魅力として、真空管より低電圧・低消費電力ということがあり、いっきに普及しました。

IC

(1960年以降)

驚異的な低消費電力動作可能なC-MOSという基本回路が誕生し、ICが世の中に普及しました。
CD・DVD・デジカメ・パソコン・携帯電話などを生み出しました。